花粉症と口腔

みなさん こんにちは!体調はいかがですか?
朝晩は冷えますが、日中はだいぶ暖かくなりましたね

この時期になると花粉症に悩まされている方が多くなってきますね。
花粉症は実はお口の中にも注意が必要だということをご存知でしょうか?

花粉症の症状である鼻水のせいで鼻がつまると口呼吸になってしまい、口の中が乾燥してしまいます。
また、花粉症の薬には唾液の分泌を低下させる成分が入っているものがあるので、花粉症の症状が治まってもお口の中が乾燥してしまいます。

唾液が減ると乾燥状態が続き、お口の中の細菌が増殖しやすくなります。
歯にプラークも付着しやすくなるので、歯磨きを丁寧にしないと磨き残しが増えて、そのままにしておくと歯石になってしまいます。
歯石になってしまうと歯ブラシでは落とせなくなります。
乾燥によって細菌が増えたり歯石がついてしまうことにより、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

お口の中を乾燥させないように水分補給をしっかりしましょう。
(ただし、ジュースやスポーツドリンクで水分補給をしないようにしてください。)

歯石を作らないように丁寧にしっかり歯磨きをしてください。
歯石がついてしまった場合は歯医者さんで歯石除去しましょう。

衛生士 S

堀坂歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話