入れ歯と菌

入れ歯と菌

口の中は、菌が普段から住みついています。
その中に入れ歯を好んで集まるカンジタ菌と呼ばれる菌が存在します。
この菌が付着した不潔な入れ歯を毎日装着していると、入れ歯に接する口の中の粘膜が赤く炎症を起こします。
高齢者のように、抵抗力が弱い方は唇にも菌の集団が発生します。
炎症をそのままにしておくと使用時の痛み、
入れ歯の土台となるアゴの変形を促進します。
菌の付着を予防する為には、毎食後や就寝前に入れ歯をブラシで隅々まで洗って下さい。また就寝中は、入れ歯を外し義歯洗浄剤に浸けておいて下さい。
物理的な刺激からも解放されるので粘膜の炎症が和らぎます。

入れ歯は使っていくうちに不適合になることがよくあり、噛むことが困難になります。
我慢や使用しなくなることに慣れるのではなく、歯科医院を受診し、調整やアドバイスを受けて健康的な生活を送りましょう。

衛生士  N

堀坂歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話