梅雨になると歯が痛む?

みなさんこんにちはsmiley

そろそろ梅雨の季節ですねcrying

 

さて、今回は気圧と歯の痛みの関係についてお話します。

皆さんの中に、梅雨の季節や飛行機に乗ったときや高い山に登った時に歯が痛くなった経験はありませんか?

歯の中には「歯髄腔」という空洞があり、普段は外の気圧と等しくなっています。

しかし、飛行機の離陸や登山など短時間で気圧が下がると、気圧の変化に対応しきれず、

低下した外の気圧との差で内側から圧がかかり一時的に痛みがでることがあります。

 

このような症状がでて、激しく痛む場合はむし歯が原因になっていることがほとんどです。

これらを「気圧性歯痛」や「航空性歯痛」といいます。

 

ほかにも台風やスキューバーダイビングなどの気圧の変化でも痛むことがあります。

これらの予防対策として、むし歯がある場合は正しく治療すること。

そしてむし歯、歯周病予防に心掛けていただくことが大切です。

 

衛生士 S

 

堀坂歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話