硬い食べ物には要注意

こんにちは。

「硬い食べ物を噛むと歯は丈夫になる」と、聞いたことはありませんか?

確かに噛みごたえのある物をよく噛んで、顎の骨や筋肉の成長を促すことは成長期の子どもには必要です。
ただ、成長が終わった成人になると硬いものを食べることで歯に大きなダメージを与えてしまうことがあるのです。
硬いものを噛みすぎると顎の筋肉を使いすぎて肩こりや頭痛の原因になったり、歯が欠けたり割れたりする原因にもなります。
食事のときによく噛んで唾液の分泌を促すことはとても良いことなのですが、よく噛むことと長い時間強く噛み続けることとは別問題です。
硬いものを好んでよく食べる方、歯ぎしりや食いしばりの癖のある方は特に注意が必要です。
歯が割れてしまうと、抜歯をしないといけなくなるケースもあります。
歯を失ってしまうと噛み合わせのバランスも崩れ、しっかり噛めなくなってしまうと食事の楽しみも減ってしまいます。
たかが歯のことと思わず、今から気をつけて健康な歯を維持しましょう!
歯科衛生士 N

堀坂歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話