夏の虫歯

夏は、虫歯になりやすいといわれています。

それは、夏の食生活の変化が虫歯を引き起こす根拠になっているようです。

暑い日が続くと、ジュースや炭酸飲料、アイスクリームなど冷たいものを摂取する機会が増えます。

特に冷たいものは、甘みを感じないため糖分の摂取回数がより増えてしまうそうです。

そうすると、口の中が長時間酸性になり虫歯になりやすい環境になってしまいます。

普段、糖分のことを考えながら生活することが大事になりますが、なかなか難しいことです。

甘いものを摂取したときは、水やお茶を飲んで口の中の糖分を長時間停滞させないようにすることが、虫歯予防には効果的だと思います。

まだまだ暑い日が続きますが、熱中症対策を万全に楽しい夏をお過ごしください。

衛生士 N

堀坂歯科医院までお気軽にご相談ください。

お電話